新型ワゴンR、新型ワゴンRスティングレー登場

驚くべき燃費性能と安全性能・利便性も向上!

 スズキが誇る人気軽自動車のワゴンRから新型ワゴンR、新型ワゴンRスティングレーが発表されました。
新型ワゴンRですが、ハイブリッドタイプの燃費性能が、ワゴンタイプの軽自動車の中では最高値となる、33.4km/リットル(JC08モード)という驚きの燃費性能を確保しています。
安全装備として「デュアルセンサーブレーキサポート」、単眼カメラと赤外線レーザーレーダーで前方の歩行者や車の検知をし、衝突による被害を軽減するシステムです。
前モデルよりも車内が広くなった分、ストレスなくくつろぎながらドライブが楽しめるのもポイントですね。

スズキ公式サイトはこちら

平成29年4月 自賠責保険料改定

平成29年4月1日以降保険始期の契約に適用

37か月 36か月 25か月 24か月 13か月 12か月
軽自動車 35,610円 34,820円 25,880円 25,070円 15,960円 15,130円
自家用乗用車 36,780円 35,950円 26,680円 25,830円 16,380円 15,520円
小型貨物 自家用 30,460円 29,470円 18,360円 17,350円
普通貨物 自家用2トン以下 44,100円 42,580円 25,520円 23,970円
普通貨物 自家用2トン超 53,890円 51,990円 30,660円 28,720円
小型二輪 250cc超 14,950円 14,690円 11,780円 11,520円 8,560円 8,290円
60か月 48か月 36か月 24か月 12か月
原付125cc以下 16,990円 14,690円 12,340円 9,950円 7,500円
軽二輪 125~250cc以下 22,510円 19,140円 15,720円 12,220円 8,650円

新型プリウスPHV発売開始!

走行距離大幅アップ 新型プリウスPHV

トヨタ自動車は2月15日、家庭の電源などで充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)の新型「プリウスPHV」を発売した。

 大容量リチウムイオン電池を搭載、EV(電気自動車)モードでは68.2キロと、従来型の2倍超の走行距離を実現。充電方法は普通充電、急速充電に加え、量産車としては世界初となるソーラー充電システム(メーカーオプション)も採用した。同社の内山田竹志会長は「次世代エコカーの主流になる車。普及に弾みがつくよう徹底的に作り込んだ」と話した。

 価格は326万1600~422万2800円(税込み)。月間販売目標は2500台。

(読売新聞より引用)

TOYOTA WEBはこちら