リコール情報検索

国土交通省 自動車メーカーのリコール検索ページ 

タカタ製のエアバッグのリコール対象車であり、「リコールの改修作業が済んでいない」車は車検証の交付をしてまらえません
国土交通省から自動車メーカーのリコール検索ページを紹介します
車体番号を入力すれば、エアバックのみならずすべてのリコールが確認できます


国土交通省 リコール検索 ここをクリック 

 

エアバッグ 未改修車は車検通さず 

 国土交通省は8月30日、タカタ製エアバッグのリコール(回収・無償修理)改修促進を目的に、異常破裂する危険性が高い未改修車両については、2018年5月より車検を更新しないと発表した。この製品は異常破裂する危険性が高く、運輸支局などが車検の際、改修状況をチェックし、改修を終えるまで車検を更新しない。2年に1度の車検制度を利用し、改修を促す。

該当車輌にお乗りの方は事前に修理しましょう

「警告灯の点灯車」は車検不可

自動車の車検審査が平成29年2月から変わり、運転席のメーターパネルにある警告灯が点灯している車の検査は受け付けてもらえない。独立行政法人の自動車技術総合機構は、特に古い車などは車検前に十分に整備をしてから受検するよう呼びかけている。
対象となる警告灯とは、前方エアバッグ、側方エアバッグ、ブレーキ、ABS、原動機(エンジン)の5種類。

いかなる理由があっても、エンジンを始動した後にこれらのインジケータが点灯した状態では「車検審査を受けることができない」